<< 検索結果に戻る

神経障害性疼痛

Practice of Pain Management Vol.1 No.1, 4-12, 2010

はじめに
柴田(司会) 最近, 神経障害性疼痛(neuropathic pain)が注目されつつありますが,どのような病態を指しているのか,どのように治療をすればよいのかなど,まだまだ議論を深める必要があると思います.そこで本日は駿河台日本大学病院病院長の小川節郎先生,札幌医科大学整形外科教授の山下敏彦先生にお話をうかがいながら,神経障害性疼痛をめぐる問題について考えていきたいと思います.

記事全文を読む »

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

座談会・対談