<< 一覧に戻る

頭痛の不思議

芸術家が表現した片頭痛―2人の作家の日記から―

岩田誠

Headache Clinical & Science Vol.6 No.2, 40, 2015

片頭痛持ちの芸術家は多い.そんななかで,2人の女流作家の残した日記から,彼女たちの片頭痛をみてみよう.24歳で早逝した樋口一葉は,短い作家活動のなかで,「にごりえ」,「たけくらべ」,「大つごもり」,「十三夜」などの傑作を残した.彼女は,明治24(1891)年4月11日から明治29(1896)年7月22日までの5年間の日記を残しており,それを読むと,頭痛発作を頻発していたことがわかる.1891年7月25日の日記には,「三時頃帰宅す.頭(かしら)いといたくてせんかたもなく苦しければ,今宵は十時に床へ入(いり)ぬ」と書かれている.この頃,彼女は中島歌子の営む歌塾「萩の舎(や)」に通って歌を学んでいたが,この日は,前の晩,内職の夜なべ仕事で仕立て上げた縫物に火のしをあてて届けた後,急いで萩の舎に向かった.そんな少しほっとしたなかで生じてきた発作であったのだろう.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る