<< 一覧に戻る

頭痛をめぐる諸問題

Headache Master School Japan(HMSJ)報告

竹島多賀夫寺山靖夫

Headache Clinical & Science Vol.5 No.2, 38-44, 2014

「Headache Master School Japan(HMSJ)」は,2013年に国際頭痛学会と日本頭痛学会との共催教育プログラムとして2013年3月に東京にて開催されたHeadache Master School 2013 in Asiaの流れを汲み,それを日本独自で継続しようとの試みから生まれたものである.海外から第一線の先生方を招聘し,大盛況のうちに終了したHeadache Master School 2013 in Asiaで目的としていた「頭痛医学の基礎と世界の最先端を学ぶセミナー」を,日本で,言語の障壁なく同様の内容を継続的に学ぶ教育の場として,本年(2014年),HMSJが設立された.グローバルに肩を並べる専門医を育成し,頭痛医学をリードする若手を日本からも輩出すべく,「頭痛医学の基本と世界最新情報を学べるセミナー」として日本頭痛学会の総力を挙げて企画が進められ,講師は日本の第一線の研究者,臨床医が担当する.その第一歩として,7月20日(日)に大阪でHMSJ-Osaka(会長:竹島多賀夫先生)が,9月7日(日)に東京でHMSJ-Tokyo(会長:寺山靖夫先生)が開催されたので,それを報告する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る