<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

三叉神経・自律神経性頭痛の分類と治療

鈴木則宏濱田潤一海野佳子菊井祥二西郷和真

Headache Clinical & Science Vol.5 No.2, 5-14, 2014

2013年7月に発表された国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)において,頭部自律神経症状を伴うことが特徴的な三叉神経・自律神経性頭痛(TACs)の分類が整理され,日常診療における診断の指針がより明確になった.一方で,その病態の解明や患者QOLへの配慮,適切な診断と病態に合わせた治療など課題も多く残されている.特にTACsは確立した治療法がない疾患も多く,病態によって治療が奏功するか否かの差が大きいため,問診から必要な情報を得て適切な診断・治療に結びつけることが大事である.本座談会では,エキスパートの先生方にTACsをめぐるさまざまなトピックスについてご討議いただき,その診療のポイントをまとめた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る