<< 一覧に戻る

国内学会・研究会報告

第55回 日本周産期・新生児医学会学術集会

小田新

Fetal & Neonatal Medicine Vol.12 No.1, 38, 2020

2019年7月13~15日に松本において,当科主催(学会長:中村友彦先生)で第55回日本周産期・新生児医学会学術集会が開催された。参加者はのべ3,413人にのぼり,盛会のうちに終了した。メインテーマは「健康寿命延伸は周産期から」とされ,母児ともに“後遺症なき救命”だけを目指す医療から,“より健康で幸福な未来”を目指す医療のためにどのようなことがわれわれにできるのかを考える機会となった。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る