<< 一覧に戻る

注目のTopics

疼痛緩和

産科の疼痛緩和

天野完

Fetal & Neonatal Medicine Vol.10 No.2, 23-26, 2018

周産期産科医療ではしばしば鎮痛処置や麻酔が必要となり,分娩時には無痛分娩として母体の疼痛緩和が行われる。また,胎児への侵襲的な処置や治療,あるいは胎児手術の際は積極的に胎児鎮痛,胎児麻酔を考慮する必要がある。
「KEY WORDS」無痛分娩,胎児鎮痛,胎児麻酔,硬膜外鎮痛法,Ex-utero intrapartum treatment(EXIT)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る