<< 一覧に戻る

目で見る胎児・新生児の病態

常位胎盤早期剝離

池ノ上克古川誠志鮫島浩

Fetal & Neonatal Medicine Vol.10 No.2, 5-6, 2018

第8回産科医療補償制度再発防止に関する報告書(2018年3月)によると,わが国のこれまで蓄積された脳性麻痺1,606例のなかで,常位胎盤早期剝離は背景となった病因として単独および重複したものを合わせると290例を占めており,極めて重要な産科異常である。しかしながら,その発症メカニズムについては不明な点が多い。常位胎盤早期剝離の病態とその管理に関する最近のトピックスについてできるだけビジュアルに示した。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る