<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

周産期DICを考える

茨聡白幡聰高橋幸博水上尚典

Fetal & Neonatal Medicine Vol.7 No.2, 8-15, 2015

周産期の出血は容易に播種性血管内凝固症候群(DIC)に進展するが,新生児・産科領域ともにその病態は一般のDICと比較して特異的である。特に血液凝固・線溶系マーカーの臨床的評価は新生児と成人で異なり,妊産婦では非妊娠時と比較して生理的変動を伴う。このため,周産期のハイリスク母体・胎児ならびに新生児の病態生理を十分に理解する必要がある。そのうえで周産期DICの救命・予後改善を目指し,適切な早期診断・早期治療を行うことが肝要となる。新生児領域では新たなDIC診断基準,ならびに世界初となる新生児DIC治療指針が作成され,臨床現場に普及しつつある。本座談会では新生児領域および産科領域のエキスパートの先生方をお招きし,新生児DICと産科DICの最新の話題についてご紹介いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る