<< 一覧に戻る

HCC Best Practice

福井県済生会病院放射線科における肝細胞癌治療の取り組み

世界第1号機となる血管撮影装置の導入や新しいカテーテル,支援ソフトの開発などにより“根治的なTACE”の普及をめざす

宮山士朗

The Liver Cancer Journal Vol.10 No.2, 48-53, 2018

福井県済生会病院は,北陸で初めて“すべての診療科の画像を放射線科が読影する”という中央放射線診断のシステムを取り入れ,1977年には日本で2番目に全身CT装置を導入するなど,かねてより診断能力の向上に努め,地域に貢献してきた病院である。近年は,がん診療連携拠点病院として低侵襲治療に注力し,癌の手術では各治療科が腹腔鏡・胸腔鏡などを積極的に用いるほか,放射線科ではIVR(画像下治療)やトモセラピーによる強度変調放射線治療(IMRT)を実践。そして肝細胞癌の領域では,世界第1号機となる血管撮影装置や新しいカテーテル,支援ソフトなどを駆使してTACE(肝動脈化学塞栓療法)による根治的治療に力を注いでいる。そこで,同科主任部長の宮山士朗先生から肝細胞癌に対するTACEの実際と今後の展望について伺った。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る