<< 検索結果に戻る

第12回優秀演題論文集 Session6 HCC fine-needle biopsyサンプルを対象としたDNAシーケンシングの実施可能性とソラフェニブ効果予測マーカーの探索

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.4, 70-71, 2015

「本研究の背景」肝細胞癌は,原発性肝癌のなかでも最も高頻度に発生する悪性腫瘍である。肺癌をはじめとする多くの悪性腫瘍において,分子標的薬の開発が進められており,肝細胞癌においては,経口マルチキナーゼ阻害薬ソラフェニブが承認を得ている。ソラフェニブは生存期間の延長をもたらすものの,全体での奏効率が低いことが報告されている1)2)。少数例の奏効症例における臨床的特徴の探索や遺伝子解析研究は,ソラフェニブ治療におけるバイオマーカー研究として重要である。われわれの研究グループでは,肝細胞癌に対するソラフェニブ治療において,ソラフェニブの標的分子の1つである線維芽細胞増殖因子受容体(fibroblast growth factor receptor:FGFR)のリガンドであるFGF3/FGF4遺伝子増幅が強力な効果予測バイオマーカーであることを特定した3)。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録