<< 一覧に戻る

日本肝がん分子標的治療研究会

第11回優秀演題論文集 Session1 EOB-MRIによるWnt/β-catenin activated subtype HCCの検出能に関する検討

上野彰久真杉洋平山崎剣Kathryn Effendi辻川華子谷本伸弘奥田茂男板野理北川雄光陣崎雅弘坂元亨宇

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.2, 51-53, 2015

「背景」Gd-EOB-DTPA(EOB・プリモビスト®)は肝細胞に特異的に取り込まれるMRI造影剤であり,多くの腫瘍性病変ではこの造影剤の取り込みが低下するため,良好な腫瘍/背景肝コントラストが得られるが,一部の肝細胞癌においては造影剤の取り込みを示すことが知られている。これまでの報告から,organic anion transporting polypeptide 1B3(OATP1B3)がEOB・プリモビスト造影MRI(EOB-MRI)における主要なtransporterであることがわかってきた1)-4)。また,近年のソラフェニブをはじめとした分子標的薬の隆盛とともに,遺伝子発現解析をもとにした肝細胞癌のsubclass分類にも注目が集まっている5)。今回,われわれはOATP1B3の発現を介して,EOB-MRIを用いた新たなsubclass分類の可能性について検討を行った。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る