<< 一覧に戻る

Topics of HCC

肝細胞癌におけるradiogenomicsの現況:Gd-EOB-DTPA造影MRIを中心に

松井修北尾梓米田憲秀小坂一斗小林聡池野宏吉田耕太郎井上大南哲弥香田渉眞田順一郎蒲田敏文山下太郎山下竜也金子周一

The Liver Cancer Journal Vol.7 No.2, 37-43, 2015

「はじめに」分子・遺伝子解析技術が急速に進歩し,診断,予後予測,治療や治療効果判定におけるバイオマーカー(biomarker)としての有用性が多数報告されている(分子バイオマーカー)。これらの診断あるいは認知は今後の個別化医療に必須である。しかしながら,臨床では組織を得るには生検や手術が必要であり,また組織材料の検索では病変全体の情報が得られにくい欠点がある。特に悪性腫瘍では,内部に分子・遺伝子学的に不均一な組織が混在することが少なくなく,生検の大きな限界となっている。一方,画像では病変の全体像が得られ,また非侵襲的であり,したがって画像でこれらの情報が得られればその有用性はきわめて大きい(画像バイオマーカー)。画像バイオマーカーの確立は今後の個別化医療の最も重要なキーワードの1つと考えられている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る