<< 一覧に戻る

日本肝がん分子標的治療研究会

第3回優秀演題論文集 Session5 ソラフェニブ投与中急速に悪化したstageⅣ-B肝細胞癌症例に対する動注化学療法

永松洋明岩本英希中野聖士鳥村拓司佐田通夫

The Liver Cancer Journal Vol.3 No.2, 68-69, 2011

はじめに
 進行肝細胞癌(HCC)に対する治療において,stageⅣ-Aに対する肝動注化学療法の有用性が報告されている1)2)。当院ではstageⅣ-Aに対してnew FP肝動注療法(NFP)3)を中心に行い,肝外転移がみられた時点でソラフェニブ4)へ変更している。しかし,ソラフェニブで効果がみられなかった場合,そのまま継続するべきか,再度ほかの治療へ変更するべきか判断に苦慮することがある。今回ソラフェニブ投与中,急速に悪化したstageⅣ-BのHCC症例に対し肝動注化学療法が有効であった3例を経験したので報告する。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る