<< 一覧に戻る

日本肝がん分子標的治療研究会

第2回優秀演題論文集 Session8 ソラフェニブによる肝細胞癌の血流変化

―ソナゾイド造影USによる早期効果予測の可能性―

杉本勝俊本定三季佐野隆友市村茂輝村島英学平良淳一山田幸太古市好宏山田昌彦今井康晴中村郁夫森安史典

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.4, 76-77, 2010

「はじめに」ソラフェニブ(ネクサバール(R), バイエル社)は, 腫瘍の細胞増殖と血管新生を阻害する, 切除不能な肝細胞癌を適応とした世界初の経口キナーゼ阻害剤である1). しかし, 本剤には重篤な副作用の報告があり2), さらに, その高額な薬価を考慮すると, 早期に治療効果および重篤な副作用予測を予見し得るバイオマーカーの開発が急務である. 本稿では, 癌バイオマーカーとしてのソナゾイド造影US(CEUS)の可能性について述べる. 「方法」2009年6月~2010年3月までに進行肝細胞癌に対しソラフェニブを投与し, かつCEUSで経時的(Day 0, Day 7, Day 14, Day 28)に腫瘍部の血流モニターが可能であった13症例(男/女, 11例/2例)14結節を対象とした. 平均年齢は69.5歳, HCC Stage(II/III/IV A/IV B)は1例/3例/4例/5例であった. また, Child-Pugh分類(A/B/C)は11例/2例/0例であった. モニター結節に対し, CEUSで3分間のdynamic imagingを撮像した.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る