<< 一覧に戻る

日本肝がん分子標的治療研究会

第2回優秀演題論文集 Session6 薬剤師の介入によるソラフェニブの手足皮膚反応のリスクと服薬アドヒアランスの改善度の評価

鈴木真也小田中みのり船崎秀樹西村美子村永愛戸田繭子奥山浩之高橋秀明清水怜大野泉光永修一仲地耕平遠藤一司和泉啓司郎池田公史

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.4, 72-73, 2010

「緒言」マルチキナーゼ阻害薬であるソラフェニブ(ネクサバール(R))は, 主に血管新生阻害作用により効果などを有する分子標的薬である1). ソラフェニブには皮膚に対する特有の副作用があり, そのなかでも特に注意を要する副作用として手足皮膚反応が挙げられる2). 手足皮膚反応は, 直接生命を脅かすものではないが, その症状は著しく患者の生活の質(quality of life)を悪化させ, ソラフェニブの休薬, 減量の第一の原因に挙げられている. このソラフェニブの服薬アドヒアランスを高め, 治療をできるだけ長く継続していくために, 手足皮膚反応の管理や対処方法を熟知しておくことが必要である. 国立がん研究センター東病院(以下, 当院)では, 進行肝細胞癌に対してソラフェニブが保険適応となる以前の2008年12月より, 医師, 薬剤師, 治験コーディネーターを中心に, “チームネクサバール”を設立した. 海外・国内の臨床試験のデータや文献からソラフェニブの治療成績や副作用を検討し, 当院オリジナルの副作用対策を作成した.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る