<< 一覧に戻る

日本肝がん分子標的治療研究会

第2回優秀演題論文集 Session3 肝細胞癌ソラフェニブ治療の現状

能祖一裕歳森淳一小林功幸中村進一郎大西秀樹桑木健志萩原宏明白羽英則山本和秀岡山肝癌グループ

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.4, 66-67, 2010

「背景」進行肝細胞癌の治療法として, ソラフェニブは経口薬であるという利便性もあり, 多くの施設で用いられている. アジア人は, 皮膚障害の副作用が多いなどの特徴を有するといわれているが, 日本の実臨床の場における使用状況, 効果, 副作用などの解析は十分に進んでいない. 「目的」ソラフェニブ使用の現状を明らかにすることを目的に, 検討を行った. 「対象および方法」当院および関連施設(香川県立中央病院, 広島市民病院, 福山市民病院, 倉敷中央病院)で施行された, 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療症例(n=61)を対象とした. 平均観察期間は5.3ヵ月. 症例の臨床背景・治療効果・副作用発現についてレトロスペクティブに検討した. 「結果」「1. 患者背景」男性52例, 女性9例. 平均年齢は69.5歳. PS 0が51例, PS 1が10例. HBs抗原およびHCV抗体陽性例はそれぞれ15例(25%)と35例(57%). 肝機能はChild-Pugh Aが37例, Child-Pugh Bが24例であった.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る