<< 一覧に戻る

多発肝細胞癌治療の今後の展望

(1)DEBを含む肝動脈塞栓術

髙橋正秀荒井保明Michael Uder

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.4, 26-31, 2010

「Summary」DEBとはdrug-eluting beads(薬剤溶出性ビーズ)を略したもので, 「血管塞栓用ビーズ」という医療材料の一つである. 主として原発性肝癌(HCC)の経動脈化学塞栓療法(TACE)に単独で用いられるが, 日本ではまだ保険承認されていない. DEB-TACEとlipiodol-TACE(Lip-TACE)を比較した臨床試験としては, 2008年9月に結果が公表されたPRECISION V(欧州多施設共同無作為化第II相臨床試験)がある. それによれば, 治療後6ヵ月でのHCC局所制御に関してはDEB-TACEの統計学的優位性を見出せなかったが, 後ろ向きサブグループ解析の結果で, “more advanced patients”における奏功率が有意に高かったとされたことから, DEB-TACEはless toxic new optionとして欧米で急速に普及し始めた. 厚生労働省開催「医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」では, 平成20年度に, 血管塞栓用ビーズ4製品が高度優先製品に選定されたが, そのうち2製品がDEBとしての機能を有することから, 近い将来, 日本にも導入される期待が高まってきた. 本稿では血管塞栓用ビーズやDEBの基礎知識と, これまで明らかにされた臨床試験の成績などについて検討する.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る