<< 一覧に戻る

癌分子標的治療:歩みと今後

Ⅱ.カテゴリー別 癌分子標的治療薬 1 抗EGFR治療薬

吉岡孝志

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.1, 47-51, 2010

「用語解説」「リガンド」特定の受容体に特異的に結合する物質で, シグナル伝達系の刺激に相当する. 抗EGFR治療薬の抗HER抗体は, このリガンドの受容体結合部分に代わりに結合することでリガンドの働きを弱める. 「抗体依存性細胞障害作用(antibody-dependent cell-mediated cytotoxicity;ADCC)」細胞表面の抗原に結合した抗体のFc領域に, 細胞膜上にFcレセプターを有するエフェクター細胞が結合して起こる細胞障害の一型. エフェクター細胞にはNK細胞や単球などがあり, それらからサイトカイン・パーフォリンなどが放出されるなど, 種々の様式で標的細胞が破壊される. 「はじめに」上皮成長因子受容体(epidermal growth factor receptor;EGFR)はHER1(human epidermal growth factor receptor 1)と呼ばれるチロシンキナーゼ型受容体で, HER2, HER3, HER4とともにHERファミリーと呼ばれる受容体群の1つである.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る