<< 一覧に戻る

Communication 医師・患者関係

SHARE―癌医療におけるコミュニケーション技術

内富庸介藤森麻衣子

Trends in Hematological Malignancies Vol.1 No.1, 34-38, 2009

「はじめに」癌治療中に, 「死ぬのですか!もう治らないのですか!」と怒りや恐怖を患者から露にされ, 対応に窮した経験はないだろうか?とっさに, 安易に励ましたり, 自らの土俵の医学情報を使ってマシンガントークで説き伏せようとしたことはないだろうか?たとえば「癌は治癒可能で, そうでない場合も痛み止めなどの緩和ケアがあり……」といったふうに. そこに, 沈黙(間)をおいたうえで, 怒りや恐怖の背景にある気がかりを尋ねるコミュニケーション技術が養われると, 「(沈黙)……死ぬのでは…ないかと…思われたのですね」「今の体のだるさでは, そう思われるのは当然です…よね」「……今, 一番気がかりにされていることは何でしょうか?」「具体的な計画はおありですか?…それはできると思いますよ」などと対応できたらどうだろうか. 本来の患者の人生の目標が聞き出せるかもしれない(娘の結婚式, 息子の就職, 孫の誕生, 入園式, 仕事の計画など).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る