<< 一覧に戻る

クリニック紹介

脳神経内科 くすのき診療所

苅田典生

Frontiers in Parkinson Disease Vol.11 No.1, 42-46, 2018

神経疾患の患者は受診すべき診療科がわからず,診療科を次々に回っていくことがあるそうだ。「大学病院と患者さんの『かけはし』になりたい」という苅田典生先生は,神経内科のクリニックを大学病院の近隣に開業することで,患者が行く場所を作り,かつ大学病院と同じ医療を提供することに挑戦している。苅田先生に大学病院の医療を支える機関としての診療所の役割とは何か,そして大学を退職してもなお持ち続ける教育への思いを伺った。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る