<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

パーキンソン病治療の歴史を振り返る

髙橋良輔水野美邦柳澤信夫葛原茂樹

Frontiers in Parkinson Disease Vol.11 No.1, 5-12, 2018

現代医学におけるパーキンソン病 (PD) 研究は,200年前にJames Parkinsonが発表した論文から始まった。現在に至るまでの間に,ドパミン神経細胞の脱落が疾患の原因であること,レビー小体や原因遺伝子の発見など,さまざまな研究が行われ,病態の解明が進むにつれて,治療も進歩している。そこで今回の座談会では,わが国の神経内科の医療を作り上げてきた先生方に,PD治療の歴史,PD治療薬の登場時のインパクト,現状の課題,そして今後のPD診療を担う若い世代に期待することをご討議いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る