<< 検索結果に戻る

MRIによるパーキンソン病重症度の可視化

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 30-34, 2017

パーキンソン病(PD)はその発症機序が解明されていないことに加えて,確定診断法が存在しない。MRIを用いた新しい非侵襲神経活動計測法により,PDで神経活動が変化している領域の可視化だけでなく,重症度と相関した神経活動変化を呈する領域を同定することができる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録