<< 一覧に戻る

パーキンソン病のVisual View

非ドパミン系神経伝達物質とパーキンソン病

前田哲也

Frontiers in Parkinson Disease Vol.8 No.3, 26-29, 2015

パーキンソン病(PD)は運動症状を主徴とする神経変性疾患である。黒質から線条体へ投射するドパミンニューロンの変性脱落によるドパミン減少により惹起される。そのため治療としては欠乏しているドパミンの補充療法が行われる。一方,PDでは黒質線条体系以外の神経系にもさまざまな病理変化を呈する。そのためにドパミン神経伝達以外にも異常を来すことが知られており,近年の臨床研究からこれらに由来すると考えられる運動症状以外の問題症状,すなわち非運動症状が複雑に合併することも明らかにされている。病理診断上,最も重要な所見であるレビー小体病理の全身性分布が明らかにされるに従って,PDは今や中枢神経系にとどまらない全身性神経変性疾患と捉えられている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る