<< 一覧に戻る

パーキンソン病診断のコツとPitfall

脳血管性パーキンソニズム

冨本秀和

Frontiers in Parkinson Disease Vol.7 No.2, 28-33, 2014

「はじめに」1929年, Critchleyは脳血管障害に起因するパーキンソン症候群に対して動脈硬化性パーキンソニズム(arteriosclerotic parkinsonism)の用語を提唱した. 彼らは臨床症状を5型に分類し, 筋強剛, 仮面様顔貌, 小股歩行を呈するものをI型としている. さらに, これらの主要徴候に加え, 偽性球麻痺をともなうものをII型, 認知症と両便失禁をともなうものをIII型, 偽性球麻痺はないが錐体路徴候をともなうものをIV型, 小脳症状をともなうものをV型と分類している. 「動脈硬化性パーキンソニズム」の用語は, 両者の関連を初めて指摘した点で歴史的に意義がある. しかし, 動脈硬化が直接的にパーキンソニズムを引き起こす可能性については後年否定的となったため, Critchley自身もこの病態をarteriosclerotic pseudo-parkinsonismと命名し, 再定義している.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る