<< 一覧に戻る

クリニック紹介

医療法人昭伊会まるやまファミリークリニック

丸山哲弘

Frontiers in Parkinson Disease Vol.6 No.4, 46-50, 2013

開業から8年目を迎えたまるやまファミリークリニックは, その名のとおり地域をひとつの家族と捉え, 子どもから高齢者までのあらゆる病気に対応し, 開業医院でありながら長野県飯田・下伊那地域の中核病院としての役割を担っている. できる限り自院で完結できる医療をめざし, 専門の神経内科のみならず, 他領域の知識習得を欠かさない丸山先生に, めざす医療のかたちとパーキンソン病(PD)診療の実際, 今後の展望などについてお話を伺った. 「クリニックの特色」 ―クリニックの特徴を教えてください. 私は地元である長野県飯田市で家庭医療(family medicine: FM)を実践したいという思いから, 2006年に「まるやまファミリークリニック」を開業しました. FMは大病院でいうところの総合診療(general medicine: GM)にあたるものですが, 開業医が担うFMは地域住民をひとつのコミュニティとして捉え, 健康教育や予防医学にも力を入れた医療を実践するものです.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る