<< 一覧に戻る

誌上ディベート

Braak仮説をα-シヌクレインの細胞間伝播で説明できるか?

長谷川成人村山繁雄齊藤祐子

Frontiers in Parkinson Disease Vol.6 No.3, 13-20, 2013

「「Yes」の立場から」「はじめに」そもそも「Braak仮説」とは何を指すのか. 起草にあたり, 自分が「Braak仮説」をよく理解していないことに気がついた. ドイツの神経病理学者Braakは, 83例の剖検脳について, タウとAβの免疫組織解析, 臨床像との関連解析を行い, 1991年の総説「Neuropathological stageing of Alzheimer-related changes」を発表した1). Aβの蓄積, 分布が認知症の程度とあまり相関しないのに対し, リン酸化タウの病変の進展が一定の決まったパターンをとって進むこと, その局在や量, 広がりが臨床症状と高く相関し, アルツハイマー病(Alzheimer's disease: AD)のステージ分けに有用であることを記載した. その後も多数の関連論文を発表しているが, ADのBraakステージを確立した論文として引用件数も桁外れに多い. 1997年にパーキンソン病(PD)の原因遺伝子としてα-シヌクレイン(α-Syn)が同定され, α-Synがレビー小体, レビー突起の構成蛋白質であることが判明する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る