<< 一覧に戻る

誌上ディベート

パーキンソン病の細胞移植治療は2012年までに実現するか?

高橋淳岡野ジェイムス洋尚

Frontiers in Parkinson Disease Vol.3 No.2, 16-23, 2010

「はじめに」パーキンソン病(PD)に対する胎児中脳黒質細胞移植は1987年にスウェーデンで開始された. したがって, 「パーキンソン病の細胞移植治療は2012年までに実現するか?」という問いに対する答えは「Yes. すでに20年以上前に実現している」ということになる. その後約400例の胎児細胞移植が行われ, 2001年1)と2003年2)には二重盲験試験の結果が報告された. これらの臨床結果については, そのパイオニアであり現在も牽引者であり続けるスウェーデン, ルンド大学のLindvallとBjorklundが総説3)にまとめているので, それを元に振り返ってみたい. 「胎児細胞移植の臨床例と今後の課題」オープン試験では, 1~2年後のoff時UPDRS(Unified Parkinon's Disease Rating Scale)運動スコアは30~40%改善し, L-ドーパの服用量は16~45%減少した. 10年以上症状改善が持続している患者も報告されており, PETでもフルオロドパの取り込み上昇が持続している(図1)4)5).

本企画は問題点をよりクローズアップすることを目的としており, このテーマに対して, あえて一方の見地に立った場合の議論であって, 必ずしも論者自身の確定した意見ではありません.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る