<< 一覧に戻る

用語解説

PI3K

向原徹

CANCER BOARD 乳癌 Vol.7 No.1, 91-92, 2014

PI3K(Phosphoinositide 3-kinase)には3つのクラス(Class Ⅰ~Ⅲ)があり,Class Ⅰはさらに,Class ⅠAとⅠBに分けられる。そのうち,悪性腫瘍における役割が最も知られているのはClass ⅠAである。Class ⅠA PI3K(以下PI3K)はp110触媒サブユニットとp85調節サブユニットからなり,前者には,p110α,p110β,p110δのアイソフォームが存在する。受容体型チロシンキナーゼ(receptor tyrosine kinase:RTKs)の活性化により,PI3Kが細胞膜に引き寄せられると,p85のp110に対する制御が解除され,PI3Kは酵素として活性化する(図1)。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る