<< 一覧に戻る

What's New impressive

画像診断による治療効果の予後予測

植松孝悦

CANCER BOARD 乳癌 Vol.6 No.2, 55-58, 2014

「背景」 近年, 乳癌の領域における術前化学療法は局所進行乳癌のみならず, 手術可能乳癌に対しても施行される標準治療となっている. 術前化学療法群は術後化学療法群と比較しても, 無病生存期間(disease-free survival:DFS)ならびに全生存期間(overall survival:OS)は同等であることは周知の事実である. さらに, 術前化学療法がもたらす利点として, (1)治療効果によっては整容性の高い乳房温存術の施行を可能にする, (2)病理学的完全奏効(pCR)が得られた場合は予後が良好である, (3)in vivoにて薬剤効果を術前に効果判定できるので術後療法の戦略を的確に立てることができる, などが挙げられる. しかし, 術前化学療法においてはすべての患者に治療効果がみられ奏功するわけではない. よって, 術前化学療法の恩恵が得られないと判断された場合は, 速やかに抗癌剤の変更または中止を検討して, 手術を含めたプランの再考が必要となる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る