<< 一覧に戻る

エキスパートの治療法―症例から考える―

胃側に主座を置く食道・胃接合部扁平上皮癌,肝・肺転移例の化学療法

黒川幸典土岐祐一郎

胃がんperspective Vol.9 No.2, 42-45, 2017

年齢・性別:70歳代女性
所見・腫瘍マーカー:CEA 4.4 ng/mL,SCC 5.5 ng/mL
病理組織学的診断:Squamous cell carcinoma
肺・肝に多発するFDG 異常集積を認め,転移と診断された。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る