<< 一覧に戻る

文献紹介

CLDN18-ARHGAP26融合遺伝子による上皮性の消失

大上直秀安井弥

胃がんperspective Vol.9 No.1, 54-56, 2017

胃癌は世界でも主要な悪性腫瘍のひとつであり,治療法の確立が急務となっている。現在ERBB2(HER2)の増幅のみが治療標的であり,新規バイオマーカーの開発,新規治療標的の同定が進められている。近年ホールゲノムシーケンスにより胃癌の遺伝子解析が行われ,いくつかの遺伝子変異が見出されたものの,融合遺伝子の解析はほとんど進んでいない。本研究では胃癌組織を材料にDNA paired-end-tag(DNA-PET)法で遺伝子の構造解析を行った。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る