<< 一覧に戻る

State of the art(胃がんperspective)

切除不能進行胃癌初回化学療法レジメンの選択法

谷山智子中島貴子

胃がんperspective Vol.9 No.1, 16-21, 2017

切除不能進行・再発胃癌の化学療法は,生存期間の延長やQOLの改善において着実に進歩している。切除不能進行・再発胃癌に対する初回化学療法の標準治療はTS-1 + シスプラチン(CDDP)の併用療法であるが,CDDPをオキサリプラチンに置き換えたSOX療法が選択肢となった。HER2陽性胃癌にはカペシタビン + CDDP + トラスツズマブが初回治療の標準である。また高度腹水あるいは経口摂取不能胃癌に対して,日常診療では5-FU/l-LV療法が行われていることが多い。このように,バイオマーカーによる個別化医療は胃癌領域ではまだHER2によるものだけであるが,患者個々の年齢,performance status(PS),合併症,希望する治療スタイルなどをもとにしてレジメン選択を行う。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る