<< 一覧に戻る

内視鏡手技の解説―臨床のコツとテクニック―

噴門部病変のESDテクニック

角嶋直美小野裕之滝沢耕平田中雅樹川田登今井健一郎堀田欣一松林宏行

胃がんperspective Vol.8 No.1, 39-43, 2015

「はじめに」胃噴門部に発生する癌,噴門部癌は食道胃接合部(esophagogastric junction;EGJ)上下2cm以内に発生する癌と「胃癌取扱い規約」(第13版)では定義されていなかったが,第14版ではこの部位を中心にもつ癌を組織型にかかわらず食道胃接合部癌として,「食道癌取扱い規約」(第10版補訂版)と共通の定義を採用している。一方,Siewertらは,EGJの腺癌のうち,腫瘍の中心がEGJの口側1cm~肛側2cmにあるものをTypeⅡとし,真の噴門癌としている。食道胃接合部の腺癌の発生母地としては,胃底腺や噴門腺,固有食道腺,食道バレット上皮がありうるが,本邦では食道バレット由来の癌は少ない。そこで,本項ではSiewert TypeⅡの食道胃接合部癌に対するITナイフ2 (KD-611L, オリンパス)1)を用いたESDテクニックについて述べる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る