<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

日本の胃癌はどう変わっていくのか

佐野武菊地正悟片井均山本智理子

胃がんperspective Vol.5 No.2, 5-14, 2012

胃癌とH.pylori感染との関連性が明らかになって20年が経過した. 衛生状態の改善や食習慣の変化などでH.pylori感染率は世界的に減少し, それに伴って遠位側の胃癌が減少している. 日本も例外ではない. 一方, 近位側の胃癌や下部食道腺癌が欧米諸国で急激に増加し, 日本でもその兆しが見えてきた. これら噴門部周囲の癌は, H.pyloriを起因とする従来の胃癌とは性格が異なり, 手術の対象としても手ごわい. 日本の胃癌はどう変わり, それにどのように対応すべきであろうか. 本座談会では, H.pylori感染と胃癌リスクの疫学研究に詳しい菊地正悟先生, 胃癌の手術治療に長年携わる片井均先生, がん研究所の膨大な病理データを持つ山本智理子先生をお招きし, 日本の胃癌の変遷と今後の対応について, H.pyloriと胃癌の関連を軸に討論いただいた. (佐野武) 佐野(司会) 胃癌の座談会では化学療法や手術といった臨床的なテーマを話題にすることが多いのですが, 今回は疫学を中心に外科と病理の観点を交え, アプローチしてみたいと思います.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る