<< 一覧に戻る

レジデントからのQ&A

術前・術後の補助化学療法について教えてください

掛地吉弘脇啓一郎前原喜彦

胃がんperspective Vol.4 No.3, 40-41, 2011

Answer
補助化学療法の目的と標準治療
 切除不能進行・再発胃癌に対する化学療法は癌の進行を抑えて生存期間を延ばす「care」が目的ですが,手術の前後で行う補助化学療法の目的は癌の根治を目指す「cure」です。2010年に改訂された胃癌治療ガイドライン第3版1)では,術後補助化学療法を初めて推奨し,T3(SS)N0を除くpStageⅡ,pStageⅢの症例に対してS-1の1年間投与が標準治療となっています。術前補助化学療法は臨床研究としての治療法とされています。術前補助化学療法を行う場合は,あらかじめ患者にその理由を説明し,十分な理解を得たのち同意を得ることが望ましいと書かれています。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る