<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

『胃癌取扱い規約』(第14版)の改訂とTNM分類

佐野武加藤洋小泉和三郎夏越祥次

胃がんperspective Vol.3 No.3, 5-13, 2010

『胃癌取扱い規約』が10年ぶりに改訂され, 2010年3月3日付けにて第14版が発行された. 第14版では, 第13版までと大きく異なる改訂があったため, しばらくは臨床現場で混乱が予想される. 本座談会では『胃癌取扱い規約』(第14版)の策定にあたった日本胃癌学会胃癌規約委員の先生をお招きし, 主な改訂点とその背景, 今後の課題についてお話いただいた. 「『胃癌取扱い規約』(第14版)の基本的な改訂方針」・『胃癌取扱い規約』と『胃癌治療ガイドライン』の役割分担を明確にする→『胃癌取扱い規約』は, 腫瘍の状態(原発巣, 転移, 進行度)と治療の評価(手術・内視鏡治療の根治性, 薬物の効果)を記録するための基本ルールを示す→『胃癌治療ガイドライン』は手術を含む各種治療法とその適応など, 臨床における具体的な指針を示す→『胃癌取扱い規約』に従って記録し, 『胃癌治療ガイドライン』に従って治療する・『胃癌取扱い規約』は国際基準を採用する→TNM分類(第7版, UICC)を取り入れ, 腫瘍の状態や進行度(病期)を表現する→RECIST1.1を用いて, 薬物・放射線治療の効果を評価する

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る