<< 一覧に戻る

Q&Aで綴るレジデント・ノート―専門医がわかりやすく解説―

No.37 「ストーマサイトマーキング」の際の注意点を教えてください.

山田一隆

大腸癌FRONTIER Vol.5 No.3, 77-79, 2012

「Answer」術後QOLの維持と合併症の予防が目的であり, 「Cleveland clinicの原則」に基づいて行います. また, 各状況における指針があるので, 症例に応じた適切な対処が重要です. 「ストーマサイトマーキングの概念と実際」ストーマが造設される位置は, ストーマを保有する患者さんのQOLに影響するため, 術前のストーマサイトマーキングは非常に重要です. 一般的にはWOCナースがマーキングを行いますが, 症例によっては主治医が同席して行う必要があり, QOLの維持とともに合併症の予防がその目的となります. なお, ストーマサイトマーキングを行う前提として, (1)主治医よりストーマ造設の告知が済んでいること, (2)患者がストーマ造設を受容し, サイトマーキングが術後のストーマケアに重要であることを理解していること, があげられます. また, 定期手術のみならず緊急手術においてもストーマサイトマーキングは行われるべきであり, 「永久的ストーマ」と「一時的ストーマ」, 「単孔式ストーマ」と「双孔式ストーマ」のいずれにおいても行うべき術前処置となります.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る