<< 一覧に戻る

Q&Aで綴るレジデント・ノート―専門医がわかりやすく解説―

No.29 人工肛門になったら障害者認定を受けられるそうですが,その手続きは? どのような補助が受けられるのですか?

貝谷敏子真田弘美

大腸癌FRONTIER Vol.4 No.3, 103-106, 2011

Question
人工肛門になったら障害者認定を受けられるそうですが,その手続きは? どのような補助が受けられるのですか?

Answer
・永久ストーマの場合には身体障害者4級,もしくは合併症の程度で3級あるいは1級が認定されます。手術後すぐに申請でき,ストーマ用装具の給付などが受けられます。
・ストーマ保有者(オストメイト)は,身体障害者福祉法による障害等級に該当する場合,身体障害者手帳を取得することができます。また,手帳の取得とは関係なく障害者年金を受給できる場合もあります。

身体障害者福祉法

 オストメイトは,1984年10月より「身体障害者福祉法第4条」による内部障害者として身体障害者に認定されることになりました。ここでの障害の程度は身体機能に着目して1~2級が重度,3~4級が中度,5~7級は軽度と区分されています。オストメイトの場合は障害認定基準に基づいて,1級,3級,4級のいずれかに認定されます(表1,2)。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る