<< 一覧に戻る

大腸癌の分子生物学

癌細胞の悪性化におけるエピジェネティック異常の役割

牛島俊和松田恭典山下聡

大腸癌FRONTIER Vol.4 No.3, 85-92, 2011

Summary
 DNAメチル化異常に代表されるエピジェネティック異常は細胞分裂に際して保存され,癌の発生や進展の原因となりうる。DNAメチル化異常は,突然変異と異なり,一つの癌細胞に多数存在し,非癌部組織にも大量に存在し,慢性炎症が誘発要因として重要で,特異的な遺伝子に誘発される。WNT,MAPK,AKTシグナルの抑制遺伝子,p53シグナル遺伝子,DNA修復酵素遺伝子,細胞周期調節遺伝子など大腸発癌に重要な遺伝子や,TIMP3やTHBS1など癌の浸潤・転移に重要な遺伝子が,DNAメチル化異常により不活化されることが知られる。エピジェネティック変化は,より悪性度が高いクローンの生成,上皮間葉転換,癌幹細胞の形成と維持,癌微小環境の形成,薬剤耐性細胞の生成などを通じて,癌の悪性化に関与していると考えられる。

Key words
●DNAメチル化 ●エピジェネティック異常 ●悪性化 ●癌幹細胞 ●上皮間葉転換

はじめに

 エピジェネティック異常が発癌に原因として関与することは,よく知られている1)。最近,エピジェネティック異常には突然変異とは異なる特徴があることも,明らかになっている2)。また,DNAメチル化異常により不活化される遺伝子の中には,細胞増殖に関与する遺伝子のみならず,癌の浸潤・転移に関与する遺伝子も存在する。したがって,エピジェネティック異常が,特徴的な様式で癌の悪性化に関与している可能性が高い。
 本稿では,エピジェネティック異常とその特徴,大腸癌における役割について紹介した後,癌の悪性化におけるエピジェネティック異常の役割を考察してみたい。

エピジェネティック修飾と癌における異常

 エピジェネティック修飾は生理的に重要な役割を果たしているが,その異常は発癌の原因となりうることが知られている。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る