<< 一覧に戻る

大腸癌研究の最新知見

【ゲノム遺伝子と大腸発癌】miRNAをはじめとするnc-RNAと大腸発癌

山下晋也石井秀始竹政伊知朗水島恒和池田正孝山本浩文関本貢嗣土岐祐一郎森正樹

大腸癌FRONTIER Vol.3 No.3, 32-35, 2010

「Summary」最近non-coding RNA(ncRNA)の中でもマイクロRNA(miRNA)の研究が世界規模で行われており, 発癌の過程に関与していることが推測されている. miRNAはmRNAを標的として主にタンパク質の翻訳を制御している. 一つのmiRNAは複数のmRNAを標的にしており, その関係は多対多対応である. 大腸癌においても癌遺伝子様, 癌抑制遺伝子様に作用するmiRNAの報告が多数あり, 切除標本のみならず血液のmiRNAを用いた報告もされている. 将来的には血液, 生検サンプルを用いた早期発見や診断, さらに治療選択に用いることができるバイオマーカーとなることが期待されている. 「はじめに」non-coding RNA(ncRNA)とはタンパク質をコードしないRNA分子の総称である. DNA→mRNA→タンパク質の概念であるセントラルドグマが広く認めらているが, 全転写産物のうちタンパク質をコードするmRNAは全RNAのわずか数%に過ぎず, ncRNAが大半を占める.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る