<< 一覧に戻る

早期大腸癌の画像診断~現況と将来展望

【特別寄稿】FICE(Flexible spectral-Imaging Color Enhancement)

冨樫一智濱田徹山本博徳

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.4, 49-52, 2009

『はじめに』 画像強調内視鏡(Image Enhanced Endoscopy;IEE)という概念が, 2008年のGastroenterology誌において, Kaltenbachらにより提唱された. IEEはいわゆる特殊内視鏡全域を包括的に含有する概念で, 本邦では“特殊光内視鏡”と呼称されていたNarrow Band Imaging(NBI)・Flexible spectral-Imaging Color Enhancement(FICE)などばかりでなく, 色素内視鏡の領域をも含んでいる. このIEEは, 色素を用いるdye-based IEEと色素を用いないequipment-based IEEの大きく2つに分類され, 後者はさらに光学的なものと画像処理によるものに細分類される. 光学的なIEEの代表がNBIであり, 画像処理によるIEEの代表が, 今回紹介するFICEである. FICEは, 2005年5月に本邦でははじめて市場に登場した, 新しい内視鏡技術である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る