<< 一覧に戻る

大腸癌の分子生物学

骨髄末梢血の癌細胞の意義

飯沼久恵渡邉聡明森正樹

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.2, 81-86, 2009

「Summary」化学療法における分子標的薬の占める割合が大きくなるに従い, 有効性や安全性を予測するバイオマーカーが必要とされている. 近年, 癌患者の骨髄遊離癌細胞(DTC)や末梢循環癌細胞(CTC)が, 予後予測および治療効果予測のバイオマーカーとして注目されている. 癌患者の一部に, DTCやCTCが検出されることは以前から知られていたが, 測定技術の再現性や症例数の問題などから, これまで臨床的意義を評価するまでには至らなかった. 近年, CTC測定の自動化など測定技術の向上に加え, 多施設共同研究の成果も報告され, 大腸癌においては予後予測や治療効果予測の指標として, その有用性が報告されている. また, 癌幹細胞と骨髄ニッチの機序解明に伴い, 骨髄は癌幹細胞が転移能を獲得する寄港地である可能性が示され, DTCの新たな局面として今後の展開が注目される. 「はじめに」大腸癌の代表的な転移・再発形式は, 肝転移を中心とする血行性転移である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る