<< 一覧に戻る

大腸癌遠隔転移の治療方針

【治療】放射線治療

山下孝小口正彦小塚拓洋

大腸癌FRONTIER Vol.1 No.4, 82-85 2008

「Summary」 大腸癌は多くは腺癌であるが, 遠隔転移しても癌の増殖が比較的遅く, 長期に生存することが多い. 肝転移や肺転移の数が少なければ切除によって比較的長期に生存することも多数報告されている. 切除が困難な症例や度重なる切除を嫌がる患者さんは放射線治療のよい適応になる. ところで, 最近の放射線治療は治療精度が向上し, 癌周囲への線量を減らし, 癌病巣に限局して照射ができるようになったので有害事象は減少している. 手術, 化学療法そして放射線治療をうまく組み合わせて, 1日でもQOLの高い, 日常生活を送ることができる治療法の確立が望まれる. 近年, 著しく進歩した放射線治療はこの組み合わせの中で, 「患者さんのためになる」治療法として貢献しつつある. 「はじめに-チーム医療の必要性」 がん治療の3本柱は手術と抗がん剤(化学療法)と放射線治療といわれるが, わが国の放射線治療の利用度は世界に比べて低い. 大腸癌の遠隔転移に対する治療も手術と化学療法が主体になって, 放射線治療は置き去りにされている感がある.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る