<< 一覧に戻る

大腸癌遠隔転移の治療方針

【治療】肺転移の治療方針

板橋道朗廣澤知一郎番場嘉子橋本拓造小川真平亀岡信悟

大腸癌FRONTIER Vol.1 No.4, 44-48, 2008

「Summary」 大腸癌のうち最も遠隔転移頻度が高いのは肝転移で次いで肺転移である. 肺転移切除例の予後は5年生存率は30~60%と報告されており, 他の治療法と比較するのが許容されないほどの差が認められる. 肺転移の切除例については少数例の報告が多く, 切除後の予後因子は明らかにされていない. 予後因子としては, 肺転移巣の個数, 大きさ, 存在部位, 肺門・縦隔リンパ節転移の有無などが考えられ, それらを考慮した上での肺切除の適応決定が必要である. また, 肝転移を有する肺転移症例や残肺再発例に対する肺切除の有効性も報告されており, 今後の解析が待たれる. 今後は, 多数例の症例集積と専門家によるコンセンサスを形成した治療ガイドラインが必要とされる. 「はじめに」 大腸癌同時性遠隔転移頻度は肝10.7%, 肺1.6%である. また, 大腸癌治癒切除後の初発再発部位別の再発率でも肝7.0%, 肺4.7%, 局所3.9%であり肺転移は決して少なくない転移形態である1).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る