<< 一覧に戻る

大腸癌遠隔転移の治療方針

【治療】肝転移の治療方針 外科治療

山元謙太郎橋本拓哉背山泰治國土典宏

大腸癌FRONTIER Vol.1 No.4, 30-37, 2008

「Summary」 大腸癌肝転移に対する肝切除については, 多数の報告がなされており, その有効性が証明されている. 近年の化学療法の進歩は目覚ましいものの, 肝転移症例に対して根治が期待できる唯一の治療法は手術による肝切除のみである. 肝切除術の可否および術式の選択は肝機能条件と腫瘍条件のバランスにより決定されており, 肝切除術式としては肝部分切除を基本とするが, 腫瘍の位置や浸潤の程度によっては解剖学的肝切除が必要となることもある. また, 肝切除後に高い割合で肝再発を認めるが, 再肝切除で長期生存を期待することができるため, 再発時点での肝機能条件, 腫瘍条件を十分確認した上で, 切除の可能性を追求した治療計画を検討しなければならない. 「はじめに」 初発大腸癌患者の約17%で他臓器再発を認め, 原発巣根治術後に他臓器再発を認める症例も17~40%程度認められる1-3). 転移形式としては血行性, リンパ行性, 播種に大別され, 血行性転移をきたしやすい部位としては, 肝, 肺, 脳, 骨などがある1).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る