<< 検索結果に戻る

NEW

福山幸夫

Epilepsy Vol.12 No.2, 56-57, 2018

東京大学小児科 高津忠夫教授の「小児のてんかんは精神科ではなく小児科で診る」という意向に従い,1954年に有馬正高氏,長畑正道氏とともにけいれん外来を開設した.外来終了後夜遅くまで討論を続けるなか,米国からウイルソン病患者検体の引き渡しを要求されたが,福山先生は「検体を海外に渡したら患者をとられてしまう.自分たちで測定すべき」と強く発言され,東京大学で測定が進み,本邦における同病の発症予防が可能となったという.West症候群に対する詳細な検討とACTH (adrenocorticotropic hormone) 療法(福山方式)1-4),難治性てんかんに対するケトン食療法5)に対する提案もすでに当時なされた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録