<< 一覧に戻る

てんかん余話

内村祐之(うちむらゆうし)

森田進笠井清登

Epilepsy Vol.9 No.2, 56-57, 2015

内村祐之(1897~1980)は東京大学医学部を卒業後,北海道大学教授,東京大学教授,松沢病院院長,国立精神衛生研究所長などを歴任した精神科医であり,功績として双生児や傑出者の脳研究,アイヌのイムの比較精神医学研究などが挙げられる.文武両道の人であり,旧制一高野球部投手時代には全国制覇を達成し名を馳せた.東大精神科に入局した後,北大教授就任までの準備期間として1925年より2年間留学する機会を得たが,当時卒後2年の内村には破格の待遇であった.この間,ドイツ・ミュンヘンのKaiser Wilhelm精神医学研究所(現在のMax Planck精神医学研究所)病理組織学部のWalther Spielmeyerに師事する道を選んだのは,当時の東大精神科教授呉秀三の薦めと,キリスト教思想家である父・鑑三から卒業記念として贈られたSpielmeyerの著書「神経系の組織病理学総論」の影響もあった.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る