<< 一覧に戻る

KEYWORD 知識と実行は素晴らしい結果と尊敬すべき記述を生む

AgingとマイクロRNA マイクロRNAは哺乳類のagingの過程に影響を与えている可能性がある

谷山義明東純哉眞田文博森下竜一

Cardio-Lipidology Vol.9 No.1, 46-49, 2015

「はじめに」マイクロRNA(miRNA)は、ゲノム上にコードされた短鎖のノンコーディングRNAで、標的mRNAに対する結合部位の配列と必ずしも完全に一致しなくても、mRNAの翻訳を転写後レベルで抑制する。まず線虫において、miRNAがインスリン/インスリン様成長因子1(IGF-1)、DNA修復因子を介して老化・寿命を制御していることが明らかになった。さらに最近になって、若年マウスと高齢マウスの組織特異的なmiRNAの発現を比較することで、哺乳類の老化の過程に関連するmiRNAも同定されつつある。ヒトの細胞株においても、多くのmiRNAが細胞老化に強く関わっていることが示され、今後は、細胞老化の制御機構を組織、臓器、個体の老化機序に統合する研究が進んでいくと予想される。本稿では、血管のagingにおけるmiRNAの役割を解説する1)。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る