<< 一覧に戻る

ドライアイリサーチアワード受賞論文解説

身体活動量,座位時間,ディスプレイ視聴時間とドライアイの関連:次世代多目的コホート研究

羽入田明子

Frontiers in Dry Eye Vol.16 No.2, 22-25, 2021

ドライアイはわが国に約2,000万人,世界には約10億人もの患者がおり,“目が乾く”という症状は眼科受診者の最たる主訴である。特にWith・Afterコロナの社会の急速なデジタル化や超高齢社会において,ドライアイ患者は年齢層を問わず急速に増加しており,ドライアイのリスク因子を探索し,発症や重症化を未然に防ぐ予防法の確立は喫緊の課題である。
「KEY WORDS」疫学,座位時間,身体活動,ドライアイ,予防医療

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る