<< 一覧に戻る

ドライアイ外来最前線

私のドライアイ診療②

―那覇眼科医院―

石川哲夫

Frontiers in Dry Eye Vol.14 No.1, 56-57, 2019

特別な問診票は使わない代わりに,多くの場合フルオレセイン染色をします。特に流涙,視力低下など患者さんがドライアイと思っていない場合は注意して診るようにしています。患者さん自身がどう調子が悪いのか表現しづらい事もよくあるので,限られた時間の中で色々な角度から質問をし,困っていることの本質=目標を引き出そうとします。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る